メニューをスキップ

センター紹介

検診FAQ

仁済大学校一山白病院のよくある質問です。

FAQ

Q健康検診の種類にはどんなものがありますか?
A
  1. 個人総合検診 : 個人が費用を全額支払って検査する健康検診
  2. 国家健康検診(一般健康検診、がん検診): 国が個人に検診票を通して案内するもので、全国の指定病院で検診可能。 発給された検診票を持参して病院に行き、予約した後に検査する健康検診
  3. 企業健康検診 : 各個人が勤務する会社が契約した病院で会社を通して予約 した後に施行する健康検診
  4. 入社採用健康検診 : 各機関の要望により異なりますが、身体検査程度のレベルで 行われる健康検診
Q個人総合検診は土日に受けられますか?
A毎月第3土曜日だけ検診します。
Q国家健康検診は土日に受けられますか?
A土日は行っていません。
Q睡眠内視鏡は誰でも受けられますか?
A高齢(65歳以上)・肺機能障害・急性疾患者・歯がぐらつく方の場合は安全のために 制限しています。
Q総合検診は何年に一度ずつ受ける必要がありますか?
A 総合検診を何年に一度受けるべきかについての勧告事項はまだ定まっていません。しかし一般的に40代からは、年に一度程度をおすすめします。追跡管理を要する病気の方や既往歴/家族歴などがある場合には、健康管理のために医師の診療を受けることをおすすめします。
Q妊娠中や授乳中でも検査が可能ですか?
A
  1. 妊娠中に不可能な検査 : 放射線画像検査(胸部X線・マンモグラフィーなど)、 内視鏡検査・婦人科検査
  2. 授乳中に不可能な検査 睡眠誘導剤を使用する内視鏡検査(非睡眠では可能) 造影剤を使用する放射線画像検査 マンモグラフィー(乳腺組織の発達で検査の精密度が低下するため)
  3. 授乳を中断して6ヶ月後からマンモグラフィー可能
  4. 妊娠または授乳中の場合は必ず健康増進センターにお申し出ください。