メニューをスキップ

検診プログラム

基本検診プログラム

韓国人に最も多く発生する生活習慣病および各種がんの予防と早期診断のための検査で、最も必須的な健康診断パッケージプログラム

共通項目

身体測定
身長と体重からボディマス指数がわかります。
体成分分析
私達の体は水・タンパク質・脂肪・骨(無機質)という4つの成分から成り立っています。
この体成分を測定することで基本的な健康状態を把握し、健康上の有害要素に予め備え、病気の予防治療などを行います。
眼科検査
視力・眼圧・眼底検査を行います。 眼圧検査は、角膜と鞏膜で包まれている眼球の内部圧力を風が出る装置を利用して測定する検査です。 眼底検査は目の深部側にある網膜と視神経の健康状態を調べる検査で、目の網膜写真を撮ります。
聴力検査
低音から高音までの音を聴く過程における異常の有無と難聴を検査します。
胸部放射線撮影
肺と心臓系統に関する検査で、肺結核・肺炎・肺膿瘍・肋膜炎・気管支炎・心臓肥大などを診断します。鎖骨・縦隔洞などの病気についても知ることができます。
心臓検査
血圧・脈拍・心電図を測定します
心電図は手と足、胸部に電極を貼り、電流を誘導して、その変化を波形図に表示する検査で、心臓肥大・不整脈・虚血性心臓疾患(心筋梗塞)などによる心臓の変化を診断します。
肺機能検
: 肺活量と1秒率を検査して気管支や肺の機能異常の有無を評価する検査です。 気管支喘息・慢性気管支炎・閉塞性肺疾患などを診断するのに役立ちます。
血液検査
  1. 血液型検査 ABO&Rh
  2. 一般血液検査 WBC(白血球)、RBC(赤血球)、Hb(血色素)、Platelet(血小板)、WBC Diff Count
  3. 肝機能検査 肝細胞内の酵素(ALT、AST、Υ-GTP)と血漿タンパク質(Total-Protein Albumin)、ビリルビンを検査します。
  4. 腎臓機能検査 血液尿素窒素(BUN)、クレアチニン、尿酸(Uricacid)を検査します。
  5. 糖尿病検査 空腹時血糖(glucose)、糖化血色素(HbA1C)を検査します。
  6. 電解質検査 ナトリウム(Na)、カリウム(K)、塩素(Cl)、カルシウム(Ca)、リン(P)を検査します。
  7. 血中脂質検査 総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロールを検査します。
  8. 肝炎検査 A・B・C型などの肝炎の抗原、抗体を検査します。
  9. 感染性疾患 梅毒、エイズ検査を行います。
  10. 甲状腺機能検査 TSH、free T4を検査して甲状腺ホルモンの数値を測定します。
  11. 腫瘍マーカー検査 血液を介して腫瘍を選別し、診断、経過予測および監視するための検査です。 肝がん・膵臓がん・大腸がんなどの各種消化器がんと前立腺がん(男性)、肺がん(男性)、卵巣がん(女性)の検査を行います。
尿検査
腎臓および尿路系の異常の有無ならびにタンパク質、潜血、ケトン体、白血球、顕微鏡検査を行います。
糞便検査
糞便内虫卵、原虫、潜血反応を検査します。
胃内視鏡
胃腸検査は、胃内視鏡と胃腸撮影のどちらかを選択して検査します。
胃内視鏡検査は、上部消化管の異常の有無を検査します。食道・胃・十二指腸の炎症や潰瘍、腫瘍の確認ならびに組織検査を行います。
胃腸撮影は、バリウム(造影剤)を飲んだ後に食道から胃、十二指腸までを造影透視するX線撮影です。
腹部超音波
上腹部にある肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・脾臓を検査します。胆石や早期肝がんの発見に効果的な検査です。
肝臓: 脂肪肝、肝嚢胞、肝血管腫、肝炎、肝硬変、慢性肝炎など。
胆嚢: 胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢コレステロール、胆嚢がん、胆道がんなど
腎臓: 腎結石、腎嚢胞、水腎症、腎臓がんなど
膵臓: 膵炎、膵臓がんなど
비脾臓: 肥大程度および腫瘤の転移など

婦人科検査

子宮細胞診検査
子宮頸部がんを早期に発見できる経済的かつ基本的な診断方法で、簡単で痛みはありません
婦人科超音波
子宮、卵巣、卵管の異常の有無を知ることができます。子宮内膜の変化の観察、卵巣嚢腫、卵巣がん、子宮筋腫の診断ができます。
マンモグラフィー(30歳以下は除く)
乳がんおよび各種乳房疾患の発見のための放射線を利用した検査です。 乳房を圧迫して多方向からX線を撮影して診断します。
骨密度
腰椎部の骨密度を測定することで骨減少症や骨粗しょう症を診断します。

Package B

Package A + 低線量肺がんCT (胸部放射線撮影を除く)

共通項目

身体測定
身長と体重からボディマス指数がわかります。
体成分分析
私達の体は水・タンパク質・脂肪・骨(無機質)という4つの成分から成り立っています。
この体成分を測定することで基本的な健康状態を把握し、健康上の有害要素に予め備え、病気の予防治療などを行います。
眼科検査
視力・眼圧・眼底検査を行います。 眼圧検査は、角膜と鞏膜で包まれている眼球の内部圧力を風が出る装置を利用して測定する検査です。 眼底検査は目の深部側にある網膜と視神経の健康状態を調べる検査で、目の網膜写真を撮ります。
聴力検査
低音から高音までの音を聴く過程における異常の有無と難聴を検査します。
胸部放射線撮影
肺と心臓系統に関する検査で、肺結核・肺炎・肺膿瘍・肋膜炎・気管支炎・心臓肥大などを診断します。鎖骨・縦隔洞などの病気についても知ることができます。
心臓検査
血圧・脈拍・心電図を測定します
心電図は手と足、胸部に電極を貼り、電流を誘導して、その変化を波形図に表示する検査で、心臓肥大・不整脈・虚血性心臓疾患(心筋梗塞)などによる心臓の変化を診断します。
肺機能検
: 肺活量と1秒率を検査して気管支や肺の機能異常の有無を評価する検査です。 気管支喘息・慢性気管支炎・閉塞性肺疾患などを診断するのに役立ちます。
血液検査
  1. 血液型検査 ABO&Rh
  2. 一般血液検査 WBC(白血球)、RBC(赤血球)、Hb(血色素)、Platelet(血小板)、WBC Diff Count
  3. 肝機能検査 肝細胞内の酵素(ALT、AST、Υ-GTP)と血漿タンパク質(Total-Protein Albumin)、ビリルビンを検査します。
  4. 腎臓機能検査 血液尿素窒素(BUN)、クレアチニン、尿酸(Uricacid)を検査します。
  5. 糖尿病検査 空腹時血糖(glucose)、糖化血色素(HbA1C)を検査します。
  6. 電解質検査 ナトリウム(Na)、カリウム(K)、塩素(Cl)、カルシウム(Ca)、リン(P)を検査します。
  7. 血中脂質検査 総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロールを検査します。
  8. 肝炎検査 A・B・C型などの肝炎の抗原、抗体を検査します。
  9. 感染性疾患 梅毒、エイズ検査を行います。
  10. 甲状腺機能検査 TSH、free T4を検査して甲状腺ホルモンの数値を測定します。
  11. 腫瘍マーカー検査 血液を介して腫瘍を選別し、診断、経過予測および監視するための検査です。 肝がん・膵臓がん・大腸がんなどの各種消化器がんと前立腺がん(男性)、肺がん(男性)、卵巣がん(女性)の検査を行います。
尿検査
腎臓および尿路系の異常の有無ならびにタンパク質、潜血、ケトン体、白血球、顕微鏡検査を行います。
糞便検査
糞便内虫卵、原虫、潜血反応を検査します。
胃内視鏡
胃腸検査は、胃内視鏡と胃腸撮影のどちらかを選択して検査します。
胃内視鏡検査は、上部消化管の異常の有無を検査します。食道・胃・十二指腸の炎症や潰瘍、腫瘍の確認ならびに組織検査を行います。
胃腸撮影は、バリウム(造影剤)を飲んだ後に食道から胃、十二指腸までを造影透視するX線撮影です。
腹部超音波
上腹部にある肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・脾臓を検査します。胆石や早期肝がんの発見に効果的な検査です。
肝臓: 脂肪肝、肝嚢胞、肝血管腫、肝炎、肝硬変、慢性肝炎など。
胆嚢: 胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢コレステロール、胆嚢がん、胆道がんなど
腎臓: 腎結石、腎嚢胞、水腎症、腎臓がんなど
膵臓: 膵炎、膵臓がんなど
비脾臓: 肥大程度および腫瘤の転移など

婦人科検査

子宮細胞診検査
子宮頸部がんを早期に発見できる経済的かつ基本的な診断方法で、簡単で痛みはありません
婦人科超音波
子宮、卵巣、卵管の異常の有無を知ることができます。子宮内膜の変化の観察、卵巣嚢腫、卵巣がん、子宮筋腫の診断ができます。
マンモグラフィー(30歳以下は除く)
乳がんおよび各種乳房疾患の発見のための放射線を利用した検査です。 乳房を圧迫して多方向からX線を撮影して診断します。
骨密度
腰椎部の骨密度を測定することで骨減少症や骨粗しょう症を診断します。

Package C

Package B + 腹部骨盤CT (腹部超音波を除く)

共通項目

身体測定
身長と体重からボディマス指数がわかります。
体成分分析
私達の体は水・タンパク質・脂肪・骨(無機質)という4つの成分から成り立っています。
この体成分を測定することで基本的な健康状態を把握し、健康上の有害要素に予め備え、病気の予防治療などを行います。
眼科検査
視力・眼圧・眼底検査を行います。 眼圧検査は、角膜と鞏膜で包まれている眼球の内部圧力を風が出る装置を利用して測定する検査です。 眼底検査は目の深部側にある網膜と視神経の健康状態を調べる検査で、目の網膜写真を撮ります。
聴力検査
低音から高音までの音を聴く過程における異常の有無と難聴を検査します。
胸部放射線撮影
肺と心臓系統に関する検査で、肺結核・肺炎・肺膿瘍・肋膜炎・気管支炎・心臓肥大などを診断します。鎖骨・縦隔洞などの病気についても知ることができます。
心臓検査
血圧・脈拍・心電図を測定します
心電図は手と足、胸部に電極を貼り、電流を誘導して、その変化を波形図に表示する検査で、心臓肥大・不整脈・虚血性心臓疾患(心筋梗塞)などによる心臓の変化を診断します。
肺機能検
: 肺活量と1秒率を検査して気管支や肺の機能異常の有無を評価する検査です。 気管支喘息・慢性気管支炎・閉塞性肺疾患などを診断するのに役立ちます。
血液検査
  1. 血液型検査 ABO&Rh
  2. 一般血液検査 WBC(白血球)、RBC(赤血球)、Hb(血色素)、Platelet(血小板)、WBC Diff Count
  3. 肝機能検査 肝細胞内の酵素(ALT、AST、Υ-GTP)と血漿タンパク質(Total-Protein Albumin)、ビリルビンを検査します。
  4. 腎臓機能検査 血液尿素窒素(BUN)、クレアチニン、尿酸(Uricacid)を検査します。
  5. 糖尿病検査 空腹時血糖(glucose)、糖化血色素(HbA1C)を検査します。
  6. 電解質検査 ナトリウム(Na)、カリウム(K)、塩素(Cl)、カルシウム(Ca)、リン(P)を検査します。
  7. 血中脂質検査 総コレステロール、中性脂肪、HDLコレステロール、LDLコレステロールを検査します。
  8. 肝炎検査 A・B・C型などの肝炎の抗原、抗体を検査します。
  9. 感染性疾患 梅毒、エイズ検査を行います。
  10. 甲状腺機能検査 TSH、free T4を検査して甲状腺ホルモンの数値を測定します。
  11. 腫瘍マーカー検査 血液を介して腫瘍を選別し、診断、経過予測および監視するための検査です。 肝がん・膵臓がん・大腸がんなどの各種消化器がんと前立腺がん(男性)、肺がん(男性)、卵巣がん(女性)の検査を行います。
尿検査
腎臓および尿路系の異常の有無ならびにタンパク質、潜血、ケトン体、白血球、顕微鏡検査を行います。
糞便検査
糞便内虫卵、原虫、潜血反応を検査します。
胃内視鏡
胃腸検査は、胃内視鏡と胃腸撮影のどちらかを選択して検査します。
胃内視鏡検査は、上部消化管の異常の有無を検査します。食道・胃・十二指腸の炎症や潰瘍、腫瘍の確認ならびに組織検査を行います。
胃腸撮影は、バリウム(造影剤)を飲んだ後に食道から胃、十二指腸までを造影透視するX線撮影です。
腹部超音波
上腹部にある肝臓・胆嚢・腎臓・膵臓・脾臓を検査します。胆石や早期肝がんの発見に効果的な検査です。
肝臓: 脂肪肝、肝嚢胞、肝血管腫、肝炎、肝硬変、慢性肝炎など。
胆嚢: 胆石、胆嚢ポリープ、胆嚢コレステロール、胆嚢がん、胆道がんなど
腎臓: 腎結石、腎嚢胞、水腎症、腎臓がんなど
膵臓: 膵炎、膵臓がんなど
비脾臓: 肥大程度および腫瘤の転移など

婦人科検査

子宮細胞診検査
子宮頸部がんを早期に発見できる経済的かつ基本的な診断方法で、簡単で痛みはありません
婦人科超音波
子宮、卵巣、卵管の異常の有無を知ることができます。子宮内膜の変化の観察、卵巣嚢腫、卵巣がん、子宮筋腫の診断ができます。
マンモグラフィー(30歳以下は除く)
乳がんおよび各種乳房疾患の発見のための放射線を利用した検査です。 乳房を圧迫して多方向からX線を撮影して診断します。
骨密度
腰椎部の骨密度を測定することで骨減少症や骨粗しょう症を診断します。